吉本巧の左足下がり傾斜地でのスイングの安定法

吉本巧の左足下がり傾斜地での
スイングでやってはいけない事は、
体の重心が右足になってしまう事です。

右足の正面でスイングするようになり
ボールをすくい上げるようになってしまうからです。

バックスイングは通常と同一で、
ダウンスイングからインパクトにかけて、
左足に体重が移動するのが理想です。

そして、スイングが終わった後には、
自然と2、3歩左側に足が出ます。

詳細は動画をご覧下さい。

続きはコチラ ⇒ 吉本巧のシングルゴルファーの方向性安定プログラム