グリップとスイングプレーンの関係

グリップとスイングプレーンの関係についてご案内します。

ケンゴ本田自身がドローになる事に悩んでいました。

グリップとスイングがマッチしていないために、
ドローになっているという事を教えられたそうです。

ストロングクリップがオンプレーにスイング
するのが難しい理由が紹介されています。

左手も右手も時計回りの方向に手が動き
右の肘も自然と体の近くを通るようになります。

その結果として右の方も若干ですが、
引ける感じになっていきます。

そのためストロンググリップは
インサイドに引きやすくなります。

もっとレッスンを受けたい方はコチラ ⇒ 7日間シングルプログラム

アドレスをもう一度基礎から復習

まずグリップについて説明がはじまります。

自分のターゲットのラインに対して
直角にアイアンのエッジを合わせます。

左手は左上45度から握るようにしていきます。

親指と人差し指で出来る谷間の
延長線上に左の肩がくるようにします。

続きは動画をご覧下さい。

続きはコチラ  谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム