吉本巧の左足下がり傾斜地でのスイングの安定法

吉本巧の左足下がり傾斜地での
スイングでやってはいけない事は、
体の重心が右足になってしまう事です。

右足の正面でスイングするようになり
ボールをすくい上げるようになってしまうからです。

バックスイングは通常と同一で、
ダウンスイングからインパクトにかけて、
左足に体重が移動するのが理想です。

そして、スイングが終わった後には、
自然と2、3歩左側に足が出ます。

詳細は動画をご覧下さい。

続きはコチラ ⇒ 吉本巧のシングルゴルファーの方向性安定プログラム

パッティングで距離を合わせる方法

ケンゴ本田さんの哲学は、

新しいものにチャレンジする精神。
何事に対しても前向きに取り組む気持ち
一流の先生、一流の選手から学ぶ精神
の3つです。

アマチュア向けのパッティングの距離の合わせ方です。

1.スタンスはスパイクの外側のラインを肩幅に合わせる
2.ボールの位置は左目の下にする
3.5歩の位置では、右足の内側にフェイスを持っていく

10歩の場合などどうするか
ぜひ動画をご覧になって確認して下さい。

もっとレッスンを受けたい方はコチラ ⇒ 7日間シングルプログラム

ボールをフェースに乗せる方法

ボールをフェースに乗せるための方法の
ご案内になります。

クラブのフェースにボールを乗せる
とはボールをインパクトの瞬間に
しっかりと捉えてスイングする事です。

アプローチ・ショットだけではなく、
全部のショットに共通の課題です。

ボールをフェースに乗せるために
注意しておく点や
スピンを今までよりも増やしたいときの
コツなどをご案内しています。

どうぞ動画をご覧下さい。

もっとレッスンを受けたい方はコチラ ⇒ 7日間シングルプログラム